ご案内

次回の例会は、
2020年2月23日(日)13時〜17時、大阪駅前第2ビル大阪市立生涯学習センター第4会議室で行います。

前半は、アリストテレス『心とは何か』(桑子敏雄訳、講談社学術文庫)の第三巻4章~5章を発表に基づき話し合います。

後半は「災い、突然降りかかること」をテーマにメンバーの発表に基づき哲学カフェを行います。

中之島哲学広場は、大阪大学の臨床哲学を中心とする哲学研究者の全面的支援を受け、月に一度開かれている集まりです。
現在、参加メンバーは老若男女とりまぜ十数名。
一般市民も参加しており哲学的素養は必要ありません。
例会では、哲学書をたたき台にし全員でディスカッションします。
また、参加者の関心に基づく個人発表を聞き、皆で意見交換します。
適時、哲学カフェも開催しています。

会のあり方や具体的な運営方法も全員で意見を出しあい合意を形成しながら、会を皆で丁寧につくりあげているところです。
興味を持たれた方はどうぞまずは一度、中之島哲学広場に足を運んでみて下さい。

これまでにとりあげたテキストは
『試練と成熟  -自己変容の哲学-』中岡成文著
『哲学塾 パラドックスの扉』中岡成文著
『私と出会うための西田幾多郎』中岡成文著
『精神現象学』ヘーゲル著
『精神の生態学』ベイドソン著
『実践の倫理』ピーター・シンガー著
『信頼』ニクラス・ルーマン著
です。

参加費(会場費や諸経費として)は一律、2500円を集めさせていただきますが、参加者それぞれの事情を踏まえ柔軟に対応していきます。
初めてご参加の方は無料です。どうぞお気軽にご参加下さい。

今後の予定   3月22日(日)大阪市立生涯学習センター 第1会議室を予定しております。

よろしくお願いします。